ブライダルローンとは結婚に関連する出費に限り融資を認めると言うローンでカードローンよりも低金利でお金を借りることができます。
一部の銀行カードローンや消費者金融には無利息期間が設けられていたりしますがブライダルローンは目的別ローンになりますので、残念ながら無利息サービスは設けられていません。
もし、結婚に関する資金を無利息で借りたいのであれば無利息期間が用意されているカードローンでの借り入れがおすすめです。

参考サイトもクリック
ブライダルローンはプロミスがおすすめ?【審査基準厳しい?】

みずほ銀行にはブライダルローンはないのですが結婚式などにも利用できるみずほ銀行多目的ローンがあります。
多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件です。
固定金利は年6.700%と低い金利なのが特徴的ですが更に低い金利である変動金利も選択できます。
また、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用しているという人、または過去に利用していた人は申込が可能な人は借り入れ時の年齢が満20歳以上、満66歳未満であること、楽天銀行では目的型ローンでブライダルローンを提供していて楽天会員や楽天銀行に口座をお持ちであれば簡単に手続きすることができます。
金利は固定金利で年7.0%、最大借り入れ額は300万円となっており毎月の返済額は1万円からOKとなっています。
楽天銀行から借入をする際に気を付けたいことは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までと上限が決まっていることです。
つまり、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合は融資を受けた後は領収書等、ローンを正しい使途で使ったことを証明できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。
ブライダルローンの返済方法をどのようにするべきか頭を抱えている人も多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにしてはいけないということを先に伝えておきます。
100万円程度は赤字になってしまうそうです。
招待する人数が70人の場合はご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になります。
頑張って100人招待できればギリギリ300万円で完済しきれる計算になります。
実際にブライダルローンをご祝儀を使って一括返済できたという人は全体の45%ほどで残り人たちは一括返済できなかったということになりますから、ご祝儀をあてにするのはやめておきましょう。
ブライダルローンは結婚のためにお金を貸してくれるサービスのことで銀行や信販会社などでローンを組むことができます。
一般的なカードローンと比較すると金利が低くおすすめなのですが、通常のカードローンよりも手間や時間がかかるのは否めません。
通常、カードローンというものは借りたお金の使い道は自由なのですが、ブライダルローンは、結婚のため以外には利用できません。
結婚に関わる資金と言っても挙式や披露宴、婚礼衣装、結婚指輪など結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や引っ越し費用などかなりのお金が必要になってきます。
結婚資金を貯めてから結婚を考えるという方も多いと思いますが、1日でも早く結婚したいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。
クレジットカード会社のオリコが提供するブライダルローンはブライダルプランという商品名で申込資格は満20歳以上であることと、安定した収入がある人としか規定されていないので収入や雇用形態などは特に気にしなくても良いようです。
返済期間は6か月から最長84か月で借入金額が50万円以下だと、返済期間は最長で4年です。
申込に必要な書類は本人確認書類や資金の使途を証明する書類の写しとなりますがオリコでの融資総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必須となります。
又、オリコ以外にも他の貸金業者からの借金総額が100万円を超える場合も前年度の源泉徴収票や直近3カ月以内(連続する2か月分)の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。
ブライダルローンは低金利なのがメリットの1つですがキャッシングローンには変わりがないので返済期間が長いほど利息は多くなります。
月々に返済していく返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息が優先して返済されることになります。
そして範囲内に残った金額が元本に充てられます。
つまり、返済期間が長いほど利息が多くなるのでなるべく早めに完済してしまう方が支払総額を抑えることができるのです。
借入総額が御祝儀で賄えるようであれば無理をしてでも一括返済してしまったほうがおすすめです。
ご祝儀で返済しきれない場合は親に援助してもらって、ゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。
キャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。
ブライダルローンの借入先として消費者金融を考えているという人は総量規制が適用されますから年収の半分を超える借入はできないため、事前に計算をしておくことが大切です。
銀行でも、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのですでにカードローン利用している銀行から融資をと考えている人は特記事項に注意が必要となります。
楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借りることができますが、1人当たりの貸付総額が500万円と決められていますので楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか貸してもらえません。
みずほ銀行は最大融資額は300万円ですが、みずほ銀行でローンを利用している人は、貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。
結婚にかかるお金というと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪などこだわればこだわった分大金が必要になります。
結婚式以外にも新婚旅行や引っ越し費用などそれぞれに数十万円程度の資金が必要になります。
ブライダルローンは結婚式に関する多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから普通のカードローンと比較して審査の基準はかなり高く厳しいものになります。
審査のポイントになるのは、借主に返済能力があるかということで本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書なども必要になります。
基本的にプロミスのブライダルローンでは保証人は必要ありませんが審査の結果によっては保証人が必須となる場合もあります。
ブライダルローンも基本的にはカードローンと同じですから審査に落ちてしまったらお金は借りられません。
ブライダルローンは低い金利で融資をしてもらえますのでカードローンより審査は厳しくなります。
ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴を挙げると年収が200万円以下、勤続年数が1年未満など、返済能力が厳しそうな人が落ちていることが多いようです。
又、過去に滞納履歴や債務整理、自己破産歴があったり、複数から借り入れがある人は要注意です。
又、今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので安心だと考えがちですが信用情報が一切ないということは、信用度の判断もできないということになるため、審査に通らない可能性があります。
総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に適用されるものです。
結婚式にかかる費用は約250から350万円はかかると言われていますので総量規制が適用された場合は年収が750万円から1050万円必要になる計算です。
若い夫婦であればそんな約1000万の収入なんてないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は、借りられないのではと不安になってしまいますよね。
しかし、銀行の場合貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されることから総量規制の対象外なのです。
ただし、クレジットカードのキャッシングでお金を借りると貸金業法の適用により総量規制の対象となります。

関連記事


    カードローンを利用するまではなんだか不安だったのですが、審査がサっと通ってしまうと、 ホっとして、時々気軽に利用することができるようになりました(*^^*)   カードローンを利用するまで…


    カードローンといえば、今は本当にたくさんの会社がありますね。 その分トラブルも多いらしいですが。 銀行系のカードローンは安心かと思いがちですが、 けっこう利息高いんですね。びっくりしました。 これは…


    おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで月々の返済額を低くすることができます。 毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが住信SBIネット銀…


    「口座がなくても大丈夫・・・」とか「銀行に行かなくてもスマホでOK・・・」など有名タレントのテレビCMでおなじみの銀行カードローン。 一見すると、かの大銀行が一般庶民にまでお金を貸してくれる時代になっ…


    実際にアコムでお借り入れをする前に、お金の借り方と返し方を把握しておきましょう。 利用したい借り入れ金額がいくらになるのか?月々の返済はいくらぐらいで考えているのか?具体的な返済計画を立てた上で申し込…