おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで月々の返済額を低くすることができます。
毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが住信SBIネット銀行おまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。
返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。
一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますから住信SBIネット銀行おまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。
そのため、住信SBIネット銀行おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。
銀行では、おまとめローンという商品は少なく住信SBIネット銀行の借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。
銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。
銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんが消費者金融の住信SBIネット銀行おまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。
銀行の場合、消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能となりますが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。
しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。
おまとめローンは数社の借入れをまとまられるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。
一般のカードローンと同様におまとめローンにも審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。
銀行と消費者金融アコムやプロミスのおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。
住信SBIネット銀行おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。
返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるので返済総額は住信SBIネット銀行おまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。
おまとめローンの審査に落ちたという人はその原因がわからなければ、次のおまとめローン審査を受けても通らない可能性があります。
おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、これらの条件全て問題が無いということになれば審査に合格することができます。
年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。
勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になり個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。
個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。
マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車は高額商品ですから毎月の返済額が高くなってしまうのは当然です。
その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めた住信SBIネット銀行おまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。
銀行の提供しているおまとめローンならその発想もアリなのですが消費者金融のおまとめは、マイカーローンの返済には使えないかもしれません。
なぜならば、消費者金融アコムやプロミスのおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。
信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。
消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。
消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。
6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが最短即日融資、無担保ローンという消費者金融のメリットは健在です。
最大限度額が300万円以下と少々物足りなさはありますがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。
現在借りている金融機関に返済してくれるだけでなく完済に関する手数料は一切かからないというメリットもあります。
埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。
最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。
銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。
満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。
りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。
おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。
しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。
住信SBIネット銀行おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。
返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。
又、消費者金融アコムやプロミスのおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。
住信SBIネット銀行おまとめローンの審査が何度も不合格な人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。
通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査があり各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。
年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の三分の一を超える借入総額は審査に通らないと思ってください。
勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。
金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。
おまとめローンは頻繁に利用するものではありませんから利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。
手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、住信SBIネット銀行おまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。
借金がいくらになったら、住信SBIネット銀行おまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索し、情報サイトから調べましょう。
情報サイトには消費者金融と銀行の住信SBIネット銀行おまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。
審査に通るポイントなど、初めて住信SBIネット銀行おまとめローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。
おまとめローンは多重債務者のための商品ですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。
借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。
第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。
1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから与信限度枠をしっかり計算して返済できるローンを完済してしまいましょう。
借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。
住信SBIネット銀行おまとめローンの手続きを効率よく進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。
必ず必要なものといえば本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。
借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。
収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。
収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など該当します。
いずれも特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。
おまとめローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。
一方で、住信SBIネット銀行の借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。
おまとめローンと借り換えローンは金融上の定義づけは異なりますが、厳密に区別されることはないようでおまとめローンという商品名で提供していても、実態は住信SBIネット銀行の借り換えローンという金融機関も多いです。
一般的に消費者金融は金利が高いというデメリットがあり、銀行は審査が厳しいことがデメリットとされていますがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かというとどちらとも言い切れません。
両者の決定的な違いは消費者金融のおまとめローン・住信SBIネット銀行の借り換えローンは追加融資はできませんが、銀行の場合はフリーローンが多いので、一般的なカードローンと同様に限度枠内であれば追加で借り入れや返済が可能です。
住信SBIネット銀行住信SBIネット銀行おまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。
住信SBIネット銀行おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。
おまとめローンのサービスを提供している金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。
現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。
消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行の住信SBIネット銀行おまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。
複数の借入れを1つにできるおまとめローンは返済日や残高の管理がしやすくなります。
メリットばかりが強調される住信SBIネット銀行おまとめローンですがデメリットも多いので、事前にチェックする必要があります。
通常のカードローン審査と同じようにおまとめローンにも審査がありますが、借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。
毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。
月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

住信SBIネット銀行のおまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これらの条件全て問題が無いということになれば審査に合格することができます。
年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。
勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

⇊オススメも是非、ご確認下さい。⇊
住信SBIネット銀行のおまとめローンは審査が甘い?【他社借入れは?】

関連記事


    実際にアコムでお借り入れをする前に、お金の借り方と返し方を把握しておきましょう。 利用したい借り入れ金額がいくらになるのか?月々の返済はいくらぐらいで考えているのか?具体的な返済計画を立てた上で申し込…


    カードローンを利用するまではなんだか不安だったのですが、審査がサっと通ってしまうと、 ホっとして、時々気軽に利用することができるようになりました(*^^*)   カードローンを利用するまで…


    カードローンといえば、今は本当にたくさんの会社がありますね。 その分トラブルも多いらしいですが。 銀行系のカードローンは安心かと思いがちですが、 けっこう利息高いんですね。びっくりしました。 これは…


    ブライダルローンとは結婚に関連する出費に限り融資を認めると言うローンでカードローンよりも低金利でお金を借りることができます。 一部の銀行カードローンや消費者金融には無利息期間が設けられていたりしますが…


    「口座がなくても大丈夫・・・」とか「銀行に行かなくてもスマホでOK・・・」など有名タレントのテレビCMでおなじみの銀行カードローン。 一見すると、かの大銀行が一般庶民にまでお金を貸してくれる時代になっ…