脱毛器の照射漏れかもしれないとき

スタッフのミスやスキル不足により、部位にうまくレーザーを照射されていない箇所があったり、ムラが起きたりすることがあります。脱毛効果がない原因は、これであることがいちばん多いです。ある部分の毛がまとまって残っているときは、ほぼ間違いなく照射洩れと言っていいでしょう。この場合は次の施術の際に「照射洩れでは?」とはっきりと伝えると、確認した後に再度同じ箇所を照射してもらえます。向こうのミスなので、追加料金は請求されません(請求するお店は極めて不親切です)。

脱毛器の出力が弱くて効果が出にくいとき

施術の際のレーザーやフラッシュはその出力が高ければ高いほど、効果は大きいです。お店もできるだけ出力を上げて照射しようとしてくれますが、理由があって出力制限せざるをえないときがあります。日焼けやシミ、乾燥肌などの個人的な理由と、デリケートなIゾーンなどの部位による理由が考えられます。たいていはカウンセリング時や施術前にスタッフから「出力を下げます」という説明があるはずですが、もし覚えがないときは遠慮せずに尋ねてみましょう。出力を上げられないなら、回数を多くするしかないかもしれません。

毛の質によって効果が出にくいとき

毛の質には個人差があり、脱毛器によって効果が出やすい毛質・出づらい毛質があるのは仕方のないことです。また、同じ人でも生えている部位によって毛の質は異なってくるので、それによって効果の出方も変わってきます。例えばうぶ毛は脱毛しにくいです。黒い色に反応してレーザー照射を行う脱毛器にとって、うぶ毛は判別が難しいからです。細い毛についても同じことが言えます。この場合はレーザーの出力を上げると効果が出やすくなります。

こちらのサイトも参考にしてください⇒ラ・ヴォーグ

関連記事


    全身脱毛後は自分で行うアフターケアも重要 サロンの全身脱毛と言うと、自宅でカミソリを使い処理するよりお肌に優しいイメージがあります。 確かにサロンで脱毛のプロに全身脱毛をしてもらえばお肌はピカピカにな…


    体毛が濃い目であるとため息をついている人にとって、 ムダ毛をどういった方法で処理するかというのは頭の痛い問題だと言っても 過言じゃありません。 サロンや脱毛クリームなど、できるだけ多くの方法を検討する…


    レジーナ 脱毛 未成年は? ミュゼなどの脱毛サロン、夕方は高校生で いっぱいだったりすることありますよね。 医療脱毛のレジーナ、未成年は施術できるの? 結論から言うと医療脱毛でも施術可能。 ただし契約…


    銀座カラーの全身脱毛で火傷のリスクは少ない 銀座カラー 全身脱毛 無制限で行われているのはフラッシュ脱毛です。 これは、黒い部分にだけ反応する光を使って毛根を破壊し、それ以上毛が生えないにするシステム…


    肌が炎症を起こす要因となるのがカミソリによるムダ毛ケアです。 カミソリは肌を繰り返し削るようなもので、肌に良いはずがありません。 ムダ毛というのは、永久脱毛を利用して100%取り去ってしまう方が肌のた…